暗くて愚かなニクいやつ。

冴えない成人男が自分のダメさを嘆くブログだと思ってたけど、まさか女装ブログになるとは……

ウィッグ買ったったワ

f:id:angroid:20200202203853j:plain

 

 

 

ウィッグ買ったったワ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!イェーーーーーーーーーーイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

……はい。

こんばんは、あんぐろいどです。

 

僕が突然女装メイク店の体験レポを上げてから一日、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

僕ですか?

 

僕はと言えば、昨日アップした記事に掲載した写真を色んな人から

可愛い!すごい!」って言ってもらえて、調子に乗って個人的にウィッグを購入しました。純然たる個人的。今日友人にも言われたけど、全然広告案件とかじゃないよ。

ただ単に、僕が目覚めただけだよ!

 

 

 

というわけで、人生初のウィッグを購入してみました。

2020年に入ってから初めて尽くしで、人生が潤ってらぁ。

 

本当はもっと、出来れば有識者についてもらいながら選べばよかったと思っております。

 

いや実際、今日買うつもりはなかったんですよ?マジで見るだけだったのよ。

 

でもお店に入るや否や広がる、カラフルな色彩美。

 

ピンクパープル

 

ここは二次元へ繋がる電車の乗車駅か?」と思わずにはいられない空間でした。なんだそれ。

 

そしてその瞬間に、バリバリ買う気になりました。

バリバリにbuyする気になりました。

 

 

 

もし仮に買うなら清楚に黒髪ロングかな〜、と最初に思っていましたが、店内を眺めていて気が付いたらネイビーのロングヘアー(後ろ80㎝)を購入。これこそまさに衝動買い。でも色味は黒に近いから問題ないよね。そして財布から旅立つ2999円。

 

だってね、色鮮やかなウィッグたちを見ていたら、

自分の小説(『ウイニングガールズ‼︎』という自創作:今現在ブログトップにイラスト載ってます)のメインキャラ、自分でやれたらよくないか……?(安直)」

という安直な夢を安直にも見てしまったんですよ安直に。やすなおにさ。

そのメインキャラの一人である緑髪の子用にと思い買っちゃった。軽率だぜ。

 

まあそれを実現させるためには、わりと骨が折れそうですけれど(メインキャラとなる5人分をやろうとなるとウィッグだけで1万5000円ぐらいはする)、しかし夢を見てしまってはしょうがない。

加工アプリも爆裂にあることだし頑張ろう。

 

 

 

そして、帰宅して装着した時の第一印象。

 

まあ〜〜〜〜〜長えのなんの。

 

僕の黒歴史である小学6年生の時も、男子児童の中ではかなりのロングヘアー(小学生男子のロン毛って独特のアレさあるでしょ?アレアレ)だったんですけれど、そんなの目じゃないぐらいのロォォングへァァ。ブラッシングすらままならない。ちょっとママ呼んできて。

というわけで、四苦八苦しながら数十分ウィッグと格闘してました。

 

めちゃくちゃ雑だけど、なんとか形にはなったのかな?ってところで、昨日の記事でも大活躍したSNOWパイセンでまたパシャパシャやってました。いつもありがとう。

 

そんな、人生初ウィッグを被ってSNOWで加工しまくった姿がこちら。

 

 

 

f:id:angroid:20200202211530j:plain

 

 

 

ヒョェ〜〜〜〜〜めっちゃパパ活してそうじゃないですか!?!?!?!?

 



加工って怖いね!

俺と会ったことある奴、あのヒゲ男がこうなるんだからネットは信用しちゃいけないぞ!

ちなみに拡大すると鼻の下と唇の下にトゲトゲしいヒゲが残ってるぞ!

剃ってから遊べばよかったと後悔しているぞ!

 

 

 

こうなると、いよいよ顔のアップだけじゃ物足りない気がしてきますね。

全身コーディネートしてえですわ。

 

気を抜いたら、そのうちマジで女物の服に手を出してしまいそう。

金持ってたら買っちゃいそう。

 

あ、金ねーから平気だったわ。

 

とまあ、僕の懐事情を嘆いた所で、細々としたメイク道具はともかく、実際に女物の服を手にすることは(おそらく)ないと思うので、もし仮に手にしている姿を見た方はさらに目覚めたんだなと思ってください。

 

 

 

というわけで、「ウィッグ買ったぞ!」という話でした。

 

日に日に自分の中で、

可愛くなりたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

という欲求が大きくなっていることにビックリです。クソデカ感情。

 

最後は、初めてのウィッグということで置き場所に困った末の解決策と共にお別れしましょう。

 

 

 

f:id:angroid:20200202212421j:plain

 

 

 

さようなら。