暗くて愚かなニクいやつ。

冴えない成人男が自分のダメさを嘆くブログだと思ってたけど、まさか女装ブログになるとは……

【普通にみんな見て】『普通に面白い』に対して普通の僕が普通に思う普通のこと

こんばんは、あんぐろいどです。

みなさんに質問があります。

 

『普通に◯◯』

 

という言葉を言われることに対して、どう思いますか?

 

 

 

普通に○○

ここで言う『普通に◯◯』とは、

「普通にかっこいい」

「普通にかわいい」

みたいに使われるアレです。アレ。語彙力不足。

 

なぜこんなことを聞くのかというと、

想定される答えが二分するからです。

 

『普通に◯◯』という言葉を言われた時、

好き嫌いはわりとハッキリ分かれると思います。

 

「褒められた!嬉しい!」

 

「それってけなしてるだろ!」

 

みたいに。

受け取り方に差が出るのはなんでだろ。

 

かくいうお前はどうなんだ、という声にお応えすると、

僕は『普通に◯◯』という言葉を言われた時、

「褒められた!嬉しい!」と思うタチです。

 

 

 

嬉しい派の意見

僕は趣味で創作活動をしているので、たまに言われます。

「普通に面白かったです!」って。

 

僕の場合はまず「面白かったです!」と言われた事実に喜びます。

「普通に」の部分はあんまり気になりません。

 

相手の"面白い"という領域に自分の作品が足を踏み入れることができた

というイメージの方が強いです。

 

 

 

まず読者の方の手に取ってもらえて、読み始めてもらえて、

最後まで読んでくれた上で普通に面白かったと言ってもらえたら、

僕の中ではかなり成功だと思っています。

 

「読み始めたけど、不親切な文章だから途中で読むのやめちゃったよ」

という領域を脱してもらえた、というところまでいけたら十分じゃないかなあ。

 

律儀に「せっかく読み始めたし、どうせなら最後まで読もう」

と思ってくださる方もいらっしゃるとは思いますけれどね。

 

通読してくれる方、マジでありがとうございます。

大事なことなので文字も大きくしてます。

 

 

 

まあ「はちゃめちゃに面白くて人生狂いました!!」って言われた方が、

サイコーではあるんですけどね。

 

やっぱり物書きとして活動しているからには、

面白い文章で他人の人生を狂わせたくもなるじゃないですか。(?)

(注釈の必要もないと思いますけれど、「面白おかしくデマを流してやれ!」と言っているわけではありませんよ)

 

まあでも「普通に面白かったです!」って言葉の後に、

 

「こんなクオリティの物を堂々と世に晒すお前のその厚顔無恥さが、な?」

 

とか言われたら嫌ですけどね。

控えめに言ってもそんなの嫌過ぎる。

例え話だけどヘコみそう。

 

 

 

嬉しくない派の意見

ではなぜ「それ褒めてないだろ!」みたいに思う人がいるのか、

自分なりに考えたいと思います。

 

『普通に◯◯』って言葉に嫌悪感を覚える方の理由としては、

 

その言葉に「平凡」「突出していない」みたいなニュアンスを感じるから

 

というのが挙げられるのではないでしょうか。

 

 

 

「普通に面白い」

見れるレベルではあったけど、

それ以上ではないってことか!

 

「普通にかっこいい」

それなりに顔が整ってはいるけど、

上には上がいるから調子に乗るなってことか!

 

 

 

みたいなね。

深読みしちゃうんじゃないかなあ、と思います。

 

まあ物事をどう受け取るかは個人次第ということになってしまいますけれど、

僕は好意的に受け取る方がいいと思います。

他人の意見を深読みし過ぎても自分が消耗するだけだなー、って思うし。

 

第一、「普通に◯◯」って言ってる方は大して考えてなかったりします。

僕もたまに言っちゃいますけど、その時は大抵何にも考えてません。

 
 
 

まとめ

というわけで、日本語って難しいよねって話でした。
クソ雑まとめ。
 
まあ世の中は自分以外が発する他人の言葉で溢れているのに対し、
それを受け取る自分というのは一人しかいません。
 
褒め言葉に対して、
 
「実はこういう悪い意味なんじゃ……?」
 
と勘繰って傷つくこともあれば、
 
悪い言葉に対して、
 
「確かにそういう面もあるけど、裏を返せば◯◯って意味にも取れるよな」
 
というように学びに繋げることもできると思います。
 
それは決して、
 
「罵詈雑言をありがたく思え!自分なりに咀嚼しろ!」
 
ということではなくて、
 
「自分の考え方次第で毒にも薬にもなるよ」
 
ということなんだと思います。
 
罵詈雑言を言ってくる人からは、可能な限り距離を置きましょう。
そういう人は大抵の場合、あなたのことを大切にはしてくれません。
俺は俺のことを見下してる人たちと縁を切ったら人生楽しくなったぞ。
 
まあそれが簡単にできれば苦労はないんですけれどね。
日々の中で地道に、少しずつ考えを変えていくしかないと思いますというところで、本日はこの辺で。
それでは、あんぐろいどでした。