暗くて愚かなニクいやつ。

冴えない成人男の女装ブログ、一言ネタ回増量中です。つまり手抜きです。

やるきがでねえ

こんばんは、あんぐろいどです。

いやー、出ないですね。やる気


ついでにいうと、財布を逆さまにしたところでお金も出ません。何も出ません。

やる気スイッチよりも現金がほしいと思う今日この頃。

「今ほしいものはなに?」と聞かれたら真っ先に「現金」と答えそうなつまらない人間になってしまった。

現金が何よりのやる気スイッチまである。


「現金を配ってもみんな貯蓄に回すばかりで、全然消費されない!経済が回らない!」なんてことは言わせませんから、毎週10万円ください。


強いて言うなら出てくるのは、体毛ぐらい。

体の内側から、そりゃあもうニョキニョキと。

テンションが低くても体毛チャンは活動を続けています。仕事がんばっててえらいじゃん。

でも脱毛してえ。




外出自粛の影響で、

少なからず気が滅入っているのかもしれません。


今までは自分のことを『外に出なくても家の中で無限に遊べるマン』だと思っていたんですけれど、なかなかそれもしんどく思えてきました。


やはり『出たいときに外に出れる』ことと『家の中で過ごしていてもよい』という両方があってこそ、引きこもりというものを楽しめるのかもしれませんね。


一人暮らしをしていたときと違って家の中に話す人がいるので、まだ気は楽かもしれません。


一人暮らしをしていたのはブラック企業で働いていたときだったので、もしそんなときに外出自粛を迫られていたらと思うとゾッとします。


平日は朝3時に起きて出社して、

毎日最低3時間以上のサービス残業をして

休日は外出自粛。

そして家で一人。

んんむ、もしも当時に今の状況があったら、

元気に生きている姿が想像できません。


とはいえあまり暗いことばかり考えていても本格的に落ち込みそうなので、気持ちを切り替えていけたらいいですよね。


こんなときのための娯楽です。

幸い読む本はたくさんあるし、プライムビデオもあります。プライムビデオばっかり観てるわ。


僕も腐っても一次創作しゅきしゅきマンなので(まじで腐ってきつつある)、こういうときに誰かに楽しんでもらえる作品を作れるようになりたいなあ。

今は1日に一回ブログの更新をするので手一杯だけど。

息をするように創作できる人ってすごいと思う。


というわけで、今日はこの辺で。

それでは、あんぐろいどでした。