暗くて愚かなニクいやつ。

冴えない成人男が自分のダメさを嘆くブログだと思ってたけど、まさか女装ブログになるとは……

自分の一人称、なんて呼んでる?

こんばんは。

僕の名前はあんぐろいどです。

俺の名前はあんぐろいどだぜ!

私の名前はあんぐろいどよ!

アタイがあのあんぐろいどなのさ!

拙者が噂のあんぐろいどでござる!

小生があんぐろいどみんなは自分の『一人称』、なんて呼んでる!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

 

 

 

……はい。

というわけで今回は、「自分のことをなんて呼んでる?」という回です。

 

冒頭でも挙げた通り、種類はたくさんあるじゃないですか。

『僕』とか『俺』とか『私』とか。

関係ないけど一個上の文、

ブルーハーツの『情熱の薔薇』の歌い出しと文字数一緒だよね。

「永遠なのか 本当か」ってやつ。

正確には「『俺』とか」と「なのか」は文字数違うけど歌としては成立してる。

もっと関係ないけど「暗くて愚かなニクいやつ」も文字数一緒。ほんと関係ないね!

 

 

 

漢字で表記するか、ひらがな又はカタカナで表記するかでも印象変わってきますよね。

『ぼく』『ボク』『おれ』『オレ』とか。

まあ現実世界でおしゃべりをしている際にはわからないけど。

 

ちなみに僕は小学校の宿題の作文で、一回だけ『ボク』って書いたことがあります。

漫画が好きな子供だったので、

その影響で一人称が『ボク』のキャラに憧れを抱いていたんですよね。

先生からは「余計なことするな」的なおとがめはなかったけど、

なんかあとから恥ずかしくなってそれ以降はやめました。

 

ちなみに小5のときは一時期、

自分のことを『オイラ』って呼んでました。マジで。

結構長いこと言い続けてた気がする。

野生児っぽい雰囲気を醸し出したかったのかもしれない。

今思えば、実際に醸し出されていたのはアホな子供の雰囲気だったよなあ。

 

 

 

 

ちなみに今は自分のことを『僕』『俺』と呼んでいます。

統一できていないというより、使い分けている感じかな。相手によって。

 

基本的に、タメ語で話せる相手には『俺』、

敬語で話す相手には『僕』と使い分けてます。

 

でも気安く話せる年上には『俺』と言うし、

年下でも職場の先輩とかには『僕』+敬語で話したりする。

目上の人に『俺』って言う感じ、なんか自分は無理でした。

 

 

 

ちなみに家族と話すときには、自分のことを『僕』とも『俺』とも呼んでいません。

『僕』だと「子供の頃のような幼い印象を与えるのではないか?」と思うし、

『俺』だと「『大人ぶりたい背伸びしたお年頃なのかな?』と思われるのではないか?」みたいなことを思っちゃう。

 

別に家族もそんなこと思わないだろうけど、

今さら変えたら「あ、こいつ一人称変えたな」みたいなことは思われそう。

想像しただけで恥ずかしい。

家族以外だと全然平気なのになんでだろね。

 

だから苦肉の策として、家族の前では自分のことを『私』と呼んでます。

僕とも俺とも言えないから私。

「男でも『私』って言うやん?」って事実のみを盾に、その呼称を使っています。

まあそれも自然に口に出せているわけではないですけども。

「……ゎたしは〜」みたいに、小声で入るけど相手に

『こいつは自分のことを呼んでいるな』とわかる程度ににごしています。

多分これは一生直んない気はする。

 

 

 

そんな感じで、一人称の話でした。

みなさんの場合はどんな感じでしょうか?

コメント欄で教えてくれてもは構いませんよ!

 

というわけで、本日はこの辺で。

それでは、あんぐろいどでした。