暗くて愚かなニクいやつ。

俺はお前を殴らないからお前も俺を殴らないでおくれ

雲の上で遊びたい【小説再掲】(1600文字程度)

 Tシャツが汗ばむ午後一時。


 ソーダ味のアイスには歯形が付いている。


「雲の上で遊びたい」


 君はそう言い、真っ白のワンピースを翻す。


「フワフワしてて、楽しいんだろうなあ」


 きらめく瞳が、忘れられない。


『雲の上には立てないよ』


 勉強が得意な僕は言う。


「ロマンがないな」と君が呆れる。


『出来ないものは出来ないよ』と僕はムキになる。


 溶けたアイスが地面に落ちて、君は笑った。




 まず、やってみたいこと。


 両手を広げて仰向けに。


 空の青が広がる中、時間を忘れて眠りたい。


『ふかふかのベッドで十分だ』


 冷房の効いた君の部屋。


 布団しかない我が家を嘆く。


 僕は面白がって端から端へ転がる。


 勢い余って転げ落ちた僕を、君は笑う。


 君の机からノートを奪ってページをめくる。


『雲みたいに真っ白だ』


 僕が指摘する。


「カレンダーのバツ印にはまだ猶予がある」


 ピースを浮かべ、君は得意げに笑った。


 真っ白のノートが埋まることはなかった。




 しんとした空間に、薬品の独特の匂いが広がる。


 あまり縁がない場所だ。


 好きか嫌いかで言えば、嫌い。


 横開きの扉を開ける。


 カラカラと、小気味の良い音が鳴る。


 君は外が見える真っ白のベッドで、雲を見ている。


「いらっしゃい」


 僕に気付いて、君は笑顔を浮かべた。


 少しだけ、元気がない。


 僕は背負ったリュックサックを開ける。


 お母さんに持たされたりんごと、買ってもらった本を渡す。


 色々な形の雲の写真が載っている本だ。


 僕がりんごの皮を剥き、君が食べる。


「食べさせて」


『ばか』


 しゃりしゃりという気持ちのよい音がする。


 君が申し訳なさそうな顔を浮かべる。


 枕元から、君は何かを手に取った。


 僕が持ってきた本と同じ物だ。


 僕と君は笑いあった。




 また今日も、真っ白な部屋に向かう。


 真っ白なベッドの上で、君は真っ白の雲を見ている。


 君の顔も、以前より白い。


 君は新しく、真っ白のページを開く。


 教科書を手に持つ僕と、ノートを書き込む君。


 気付けばすでに陽は沈んでいる。


「この部屋は真っ白で、まるで雲みたいでしょう?」


 頷いた僕は、荷物をまとめ退室する。


 カラカラと扉を鳴らす。


 奥ですすり泣く声が聞こえる。




 ここ最近、雲を見上げることが増えた。


 すっかり君の影響を受けてしまったようだ。


 僕の席からは外が見やすい。


 頭への痛みを受けて、僕は現実に引き戻される。


 教科書を丸めた担任が呆れた顔をして、クラスメイトが笑った。


 軽い謝罪をして、担任の背を見送る。


 僕はもう一度空を見上げる。


 机の上に開いたノートは、流れる雲と同じ色だ。




 ソーダ味のアイスに歯形を付ける。


 額を大粒の汗が伝う。


 抜けるような空の中、流れる雲に身を任せるイメージを膨らませる。


 君は今頃、何をしているのか。


 雲の上でーー遊んでいるだろうか。




 頭への痛みを受けて、僕は現実に引き戻される。


 拳を丸めた君が呆れ顔をして、僕は笑った。


「勝手に殺すな」と君は怒った。


 君は強引に僕のアイスを奪う。


 君が歯形をつけ、僕が奪い返す。


 何度も繰り返すうちにアイスは溶けて地面に落ちた。


「雲の上で遊びたい」


 変わらぬ笑顔で君は言う。


『雲の上には立てないよ』


 変わらぬ口調で、僕も言う。


「ロマンがないな」と呆れる君が、行き先も決めず駆け出した。


 負けじと僕も、駆け出した。


『雲の上には立てないけれど』


 僕は心の中で言う。


 君とだったら__君となら。


 雲の上でも、遊んでみたい。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この作品は以前『小説家になろう』上に投稿したものに、若干の修正を加えて再掲したものです。