暗くて愚かなニクいやつ。

俺はお前を殴らないからお前も俺を殴らないでおくれ

ぼくは、人喰い。【小説再掲】(1800文字程度)

 ぼくのこと、人は、化け物という。


 見た目は、人と変わらない。


 普段は誰もいない山奥に住んで、誰とも関わらないように生きている。


 誰に迷惑をかけているわけでもないし、ましてやそれが寂しいと思ったこともない。




 月に一度、人を喰う以外には。




 別に、人が憎いわけではない。


 過去に何かをされたとか、一族を根絶やしにされたとか、そんなこともない。


 第一、ぼくに一族なんてものはいない。


 生まれた時から、すでに一人。


 人を喰うーーその一点だけが、ぼくを形作る。


 その一点に、意味などない。


 ◯


 喰う、ってことは、生きること。


 ぼくは生きるために、人を喰わなきゃいけない。


 ほぼすべての生き物に共通する、絶対的なルール。


 それは、人間もぼくも同じで、間違ったことをしているなんて、思わない。


 だけど、ぼくを見た人たちは、口々にぼくを化け物と呼ぶ。


 ぼくにはそれが、理解出来ない。


 ◯


 人を喰うと言っても、月に一度、一人だけ。


 それが、ぼくが生きるために最低限、そして最大限必要な量だ。


 対して、人はどうだろう。


 たくさんの命を、中途半端にかじっただけで捨ててしまう。


 そのことに、罪の意識を持っているようにも感じられない。


 以前人を喰いに町へ出た時、そこらに転がる命の残骸を見て、それを知った。


 でも、ぼくは人を残さず喰う。


 別に、味が好きとか、そんなんじゃない。


 口から流れ込んだ、人の硬いところや柔らかいところが、ぼくの内側を駆け巡る感じは、むしろ不快だ。


 それでもぼくは、それで生き延びることが出来る。


 人の恐怖や嘆き、憎しみを咀嚼し、内側がどれだけぐちゃぐちゃになろうとも。


 命を繋いでくれたこと自体に、感謝の気持ちらしきものは感じる。


 ぼくに喰われる前の、憎々しい眼差しを見てるから、お礼なんて言ったことは、もちろんないけど。


 ◯


 今日は月に一度、人を喰いに山を下りる日。


 周りに深い闇しかなくなる時に山を下りるのは、歩きづらくて少々面倒である。




 しかしーー今日に限り。




 その手間は、省かれた。




「……あ」




 山を降り、人を探す。人はぼくの本当の姿を見て、おののく。足がすくんだ対象を捉えて、喰う。出来れば誰にも見つからないように、山に帰る。


 そんな一連の流れが今日に至るまで当然だったものだから、ぼくの内側は今までにない音を鳴らした。今までにない色を作った。


 予想外の出来事に内側を掻き乱されるなんて、ぼくは人間と似て弱い存在なのだと、その時初めて知った。




「……わ、わたしを、食べて、ください」




 そんなことーー初めて言われた。


 ぼくを、嫌な気持ち以外の眼差しで見るのは、この子が初めてだ。


「噂に、聞いたんです。人を喰う化け物が、この山にいる、って」


 出来れば誰にも見つからないようにーー裏を返せば、見つかる可能性はゼロではなかった。


 ぼくが人を喰っている姿を、山に帰るところを誰かが見て、それが噂となって、この子に届いた。


「わたし、もう、限界なんです」


 ぼくが山を降りるような時間帯に似合わない、年端もいかない少女が、目から大粒の涙を流して、ぼくを抱きしめた。


 その少女は息を切らしてしゃくりあげ、額に汗を浮かべていた。少女の服装は、ぼろぼろで、おおかた、道中に枝や木にでも引っかかったのだろう。


 その時のぼくがどんな顔をしていたのか、どんな内側をしていたのか、今でも分からない。


 ぼくの首に巻かれた少女の華奢な腕。その手首に付いた数本の線が視界に入ったのを、しばらく眺めていた。


 ◯


 ぼくは化け物。


 月に一度、人を喰う。


 それが、それだけが、ぼくの命を繋ぐ。


 今宵、あの少女を喰ってから、何度目かの食事を終えた。


 でも、あの少女を喰った時のような内側には、ならなかった。


 今までの誰とも違う、ぼくの内側の、はずみ。


 口から流れ込んだ、恐怖や嘆き、憎しみなんかとは、正反対。


 あの気持ちが何なのか、未だにぼくは、分からない。


 あの少女を喰ったときに流れ込んできた、少し触れただけで壊れてしまいそうな、儚いものの正体を知るために。


 ぼくは、人を喰らう化け物として生まれたのかもしれない。


 ◯


 人が憎いわけではないと言った。


 だけど、好きか嫌いかで言えば、嫌いだ。


『ごちそうさまでした』


 その言葉を、ぼくは、あの少女を喰ったとき以外、口にしたことはない。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※この作品は以前『小説家になろう』上に投稿したものに、若干の修正を加えて再掲したものです。