暗くて愚かなニクいやつ。

俺はお前を殴らないからお前も俺を殴らないでおくれ

投げるのが下手【小説再掲】(500文字程度)

「おつかれさま」

 俺がグラウンド脇に設置されている水道の下に頭を突っ込み、炎天下の中行われた体育終わりの汗を流していると、隣のクラスの彼女がそう言って、缶ジュースを下手で投げてきた。俺は頭上に手を構える。

 しかしその缶は俺の手を大きく上回った。ベゴン、という鈍い音が俺の背後で鳴る。

……投げるのが下手なくせに、そういうのやるなよ」

 あはは、と苦笑いする彼女をよそに俺は身を翻し、落ちた缶を拾いに行く。水道で表面を軽く洗い流し、プルタブを開けて中身を口に入れた。五臓六腑に染み渡るぜ。

「まあ、それはともかく…… 教室からグラウンド見てたけど、かっこよかったよ」

……うっせ」

 俺はハイペースでジュースを飲み干す。喉の渇きを潤すことと、照れ隠しをすること、二つの狙いがあった。

 カラになった缶を、近場にあったゴミ箱に下手で投げた。

 コントロール重視で下から投げたものの、しかし空き缶はゴミ箱を大きく外れる。コンクリートで舗装された道に落ちたことで、カラン、という音が一層強調された。

「走るのは速くても、投げるのは下手なんだね」

 そんなことを言った彼女を睨みつけ、俺はゴール地点から外れた空き缶を拾い、ゴミ箱に直接捨てた。

 投げるのが下手。

 どうせなら、もっとロマンチックな共通点を持ちたかったものである。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この作品はSS名刺メーカー( https://sscard.monokakitools.net/index.html )で作成した文章をTwitter( @angro_i_do )上にアップし、それを加筆・修正したものです。